年齢肌の原因と対策を、美容皮膚科の伊藤まゆ先生が解説!

たるみ、毛穴、くすみ…老け顔の原因とその解消法をまゆ先生が教えます。

オールインワンゲル研究所: エイジング世代の「きれい」を磨く美容情報サイト(ロゴ)

老け顔の正体と解消法(イメージ)

美容皮膚科医・伊藤まゆ先生が解説 エイジング世代のための 「美の基本」

老け顔の正体と解消法

老け顔となる3つの原因と、その解消法について
まゆ先生が優しく教えます!

老け顔をつくる大きな原因、それは“肌が老化”することです。ここでは、美容皮膚科医の伊藤まゆ先生が、老け顔に見える3つの原因について、いますぐ取り組みたいお手入れや解消法について解説しています。年齢肌だから…とあきらめてしまえば、肌は老ける一方です。普段のお手入れを見直し、老け顔から抜け出しましょう。» まずは自分のタイプをチェック

Aが多かったあなたは「くすみ老け」タイプ

「くすみ老け」タイプ(イメージ)

原因 血行不良で顔がくすみ、
老け顔に見えてしまいます。

肌の色は血液の色と角層の厚み、メラニン色素で構成されているため、血液に充分な酸素が含まれていないと血色が悪くなり、綺麗なピンク色ではないくすんだ印象になります。また、血行不良は新陳代謝を下げ、肌細胞のターンオーバーも乱します。その結果、古い角質が排出されずに溜まって厚くなり、肌がくすんでみえる原因に。

解消法 ビタミン類が含まれる
オールインワンで朝晩マッサージ

血行不良が主な原因のくすみ老けを改善するためには、内側からのケアを行う必要があります。便秘や冷えを感じている方は、ショウガなど身体を芯から暖める食事をこころがけましょう。
外側からのケアとしては、血流と新陳代謝を上げるために、ビタミン類が多く含まれる高機能なオールインワンジェルをたっぷりと使用した朝晩のマッサージケアがおすすめです。ジェルは摩擦を最小限にするため、お肌に優しくマッサージをすることができます。特に疲れが見えやすい目元を中心に丁寧にケアしてあげましょう。夜のマッサージ後にはホットタオルを10分程度お顔に乗せるとさらに効果的!

Bが多かったあなたは「毛穴老け」タイプ

「毛穴老け」タイプ(イメージ)

原因 皮脂の過剰分泌による
毛穴の目立ちが、老け顔に。

毛穴の目立つ原因はいろいろあります。内側からの問題では、糖分たっぷりのスィーツ、生クリームや乳製品、肉中心のお食事は皮脂を過剰分泌させてしまいます。外側からの問題では、実は乾燥肌のケアをきちんとできていないために、皮膚のセンサーが働き、皮脂腺が多い部分では過剰な分泌が促され、毛穴が広がりやすくなってしまうのです。ずぼらなスキンケアのせいで毛穴汚れが十分に落としきれず、詰まっていることも要因のひとつのようです。

解消法 丁寧なクレンジングと
保湿ケアが大切!

まずは、過剰な糖質脂質を摂ることを避けましょう。スキンケアでは、丁寧なクレンジングが必要ですね。できれば、細かい泡でやさしく洗ってください。ごしごし洗いはかえって肌のダメージに…。そして、洗顔のあとの保湿ケアが最も重要になります。入浴後、洗顔後は、何をおいても最初に保湿ケアをしましょう。スプレータイプの化粧水などは、めんどくさがり屋さんにはぴったり!まず顔全体の保湿を軽く行い、目元と口元といった皮脂腺が少ない部分は手厚いケアをします。
また、週に1回程度は、マイルドなピーリング作用のある洗顔料やスクラブを使ってあげるといいでしょう。ただし、目元と口元だけは避けてくださいね。

Cが多かったあなたは「たるみ老け」タイプ

「毛穴老け」タイプ(イメージ)

原因 コラーゲンやエラスチンが劣化し、
顔がたるんで老けた印象に。

肌のハリや弾力のもと、コラーゲンやエラスチンは、加齢とともに作られる量が減少し、またそのものも劣化してゆきます。コラーゲン繊維同士をつなげるのがエラスチンなので、その両方が劣化すると、弾力を失い、たるみが発生してしまうのです。これらを作り出す細胞を繊維芽細胞といい、これらも年齢とともに細胞数そのものが減少し、作る能力も衰えます。また、大小およそ30種もの表情筋が衰えていくことで、「顔のたるみ=老け顔」が進行しているようです。

解消法 肌のハリを失う原因、
紫外線をブロック!

「たるみ老け」を解消するためのキーワードは、“まずは劣化を防ぐ!そして、生成を促す!”です。肌の劣化を防ぐには、ハリをつくるコラーゲンやエラスチンに多大なダメージを与える紫外線から肌を守ることが最も大切です。そのため、「たるみ老け」タイプの方には、日焼け止めはマストアイテムになります。
季節や環境などに合わせ選んでいただきたいのですが、美白成分や肌細胞修復成分が入ったもの選ぶとよいでしょう。加えて、コラーゲンやエラスチンの生成を促す機能性成分が含まれたオールインワンゲルなどでのケアもお忘れなく! アミノ酸やビタミンCなどが含まれたコスメでのお手入れを行うことで、外側からのケアを底上げすることができるのです。

エイジング世代限定!オールインワンゲル効果ランキング

伊藤まゆ先生 プロフィール

伊藤まゆ先生

聖マリアンナ医科大学卒業。同大学病院、関連病院にて消化器・一般外科勤務。その後『メディアージュ銀座クリニック』勤務、『メディアージュ青山通りクリニック』院長を経て『M’sクリニック南麻布』を開院。消化器外科医と美容医療の経験をベースに、『体の内と外からの抗老化医療』をコンセプトにした診療を行っている。

取得資格等
日本外科学会認定 外科専門医 / 日本補完代替医療学会 学識医 / 米国セネジェニクス医学研究所 認定医 / 日本抗加齢医学会 専門医 / 日本臨床栄養協会認定 サプリメントアドバイザー / JAPAS認定 プロフェッショナルアロマテラピスト / 日本臨床抗老化医学会 認定医 / 日本臨床自然療法研究会 会長