くわしく解説!医薬部外品と化粧品の違い

よく見かける医薬部外品やドクターズコスメは、化粧品とどう違うのでしょうか?

オールインワンゲル研究所: エイジング世代の「きれい」を磨く美容情報サイト(ロゴ)

【特集】医薬部外品・ドクターズコスメ・一般的な化粧品の違い(イメージ)

美容皮膚科医・伊藤まゆ先生が解説 エイジング世代のための 「美の基本」

【特集】医薬部外品・ドクターズコスメ・一般的な化粧品の違い

詳しく知りたい!化粧品・医薬部外品・ドクターズコスメの違い

一般的に化粧品と呼ばれるものには、「薬品」「医薬部外品」「ドクターズコスメ」の3種類があり、それぞれ配合成分やその量、効果効能が違います。ここでは「医薬部外品・ドクターズコスメ」と一般的な化粧品の違いを解説します。

化粧品とは?

化粧品とは?(イメージ)

化粧品の「そもそも」を知る

私たちが普段使用している、基礎化粧品やメイク用品、シャンプーなどは、薬事法で定める化粧品に分類されます。

薬事法には規定があって、配合成分や量、効果や効能を訴える表現に制限があり、それに基づく表現が求められます。特に広告の制限は厳しく、皮膚の乾燥を防ぐ、皮膚に潤いを与えるといった表現はOKですが、アンチエイジング、シミ・くすみに有効と表現するのはNGです。

薬事法で定める化粧品の効果効能は「人体に対する作用が緩和なもの」。治療効果があるものは医薬品に分類されます。その中間に分類されるのが薬用および医薬部外品。ニキビやシミ、シワ、肌荒れなどの予防・改善効果が認められていて、一般化粧品と一緒に店頭で手に入ります。

医薬部外品とは?

医薬部外品とは?(イメージ)

薬用・医薬部外品と化粧品はどう違う?

化粧品のパッケージに「薬用〇〇化粧品」「医薬部外品」と表示されているものがありますよね。それらは一般の化粧品と、どう違うのでしょうか。

薬事法の規定では、医薬品に準ずるものを「薬用・医薬部外品」と定めています。作用の強い有効成分を一定量配合していて、化粧品に比べると効果が高く、具体的な効果・効能をうたうことができます。医薬品と同じ成分を配合することができますが、配合量が少ないので副作用の心配がありません。

医薬品は症状に対して治療効果のある成分を配合しています。これらは、化粧品<薬用・医薬部外品<医薬品の順に効果が高くなります。

ドクターズコスメとは?

ドクターズコスメとは?(イメージ)

ドクターズコスメとはどんなもの?

ドクターズコスメとは、皮膚科や美容外科など、医師が開発に関わっている化粧品です。メディカルコスメとも呼ばれ、医療機関や薬局・ドラッグストアなどで購入できます。

「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」とは違って定義があいまいですが、臨床や研究データをもとに成分を厳選しているので信頼性が高くて安全で、高い効果が期待できます。

効果や安全性は、医師がどの程度関わっているかによって変わってきます。例えば「〇〇医師監修」とある場合、一言意見を添えているだけだったり、名前を貸していたり、専門外の医師が関わっているだけという場合も。

お肌の専門医が開発しているかどうかをきちんと確認した上で、購入するといいでしょう。

自分にあった化粧品って何だろう?

自分にあった化粧品って何だろう?(イメージ)

自分に合った化粧品選びを

気になる年齢肌を若返らせるには、基礎化粧品選びが大切。

一般化粧品に比べると、薬用・医薬部外品・ドクターズコスメは効果が高そうな気がしますが「何となく効果がありそうだから」といって選ぶのはNG。それぞれ配合成分や量が異なるので、必ずしも薬用がベストとは限りません。

肌の状態によっては肌トラブルを引き起こすこともあるので注意が必要です。配合成分や効果効能を比較して、ご自分の肌質に合った化粧品を選びましょう。

エイジング世代限定!オールインワンゲル効果ランキング

伊藤まゆ先生 プロフィール

伊藤まゆ先生

聖マリアンナ医科大学卒業。同大学病院、関連病院にて消化器・一般外科勤務。その後『メディアージュ銀座クリニック』勤務、『メディアージュ青山通りクリニック』院長を経て『M’sクリニック南麻布』を開院。消化器外科医と美容医療の経験をベースに、『体の内と外からの抗老化医療』をコンセプトにした診療を行っている。

取得資格等
日本外科学会認定 外科専門医 / 日本補完代替医療学会 学識医 / 米国セネジェニクス医学研究所 認定医 / 日本抗加齢医学会 専門医 / 日本臨床栄養協会認定 サプリメントアドバイザー / JAPAS認定 プロフェッショナルアロマテラピスト / 日本臨床抗老化医学会 認定医 / 日本臨床自然療法研究会 会長