10商品のオールインワンゲルのテクスチャーを徹底比較!

使い心地が良いのはどの商品?実験でテクスチャー1位を決定しました

オールインワンゲル研究所: エイジング世代の「きれい」を磨く美容情報サイト(ロゴ)

オールインワンゲル 実験比較

オールインワンゲルの使い心地を比べてみました

実験3 テクスチャ

オールインワンゲルの特徴といえば、ぷるっとしたゲルが肌にすっと伸びる、そんな使い心地の良さだと思います。とはいえ、オールインワンゲルの全てが、同じ使い心地ではありません。なかには、ベタつきが気になる商品もあるようです。
ここでは、エントリーした10種類のオールインワンゲルを手の甲に塗布し、スパンコールを押しつけ、スパンコールの量や肌に残るベタつき感から、使い心地(テクスチャ)を比較する実験を行ってみました。

結果を発表!

  • 実験結果:使い心地第1位10points モイスティック リッチジェル

    モイスティック リッチジェル

    手の甲にほとんどスパンコールが付きません。さらっとしたダントツのテクスチャです。

  • 実験結果:使い心地第2位9points 海のブレア

    海のブレア

    さっぱりとしたテクスチャの良さを発揮。スパンコールもそんなに付いてません。

  • 実験結果:使い心地第3位8points アクアレイナ

    アクアレイナ

    スパンコールの残った量は少なめで、テクスチャの良さも申し分ありません。

  • 実験結果:使い心地第4位7points エニシングホワイト

    エニシングホワイト

    スパンコールの残った量は平均的ですが、ベタつく感じは最初だけで、徐々にさっぱりとした使用感に。

  • 実験結果:使い心地第5位6points コラリッチ

    コラリッチ

    実験を行った10種類の商品の中では、平均的なスパンコールの付着量です。

  • 実験結果:使い心地第6位5points エンリッチリフトEX

    エンリッチリフトEX

    手の甲全体にスパンコールが。付け心地は少しベタつく感じ。

  • 実験結果:使い心地第7位4points 青じゅる

    青じゅる

    少し多めにスパンコールが付着してしまいました。ベタつきが気になります。

  • 実験結果:使い心地第3位3points メディプラスゲル

    メディプラスゲル

    スパンコールがほぼ残っている印象。伸びはよいですが、ゲルは肌に残りそうです。

  • 実験結果:使い心地第9位2points ラフィネ パーフェクトワン

    ラフィネ パーフェクトワン

    手の甲にスパンコールがびっしり!お魚の鱗のように付着しています。

  • 実験結果:使い心地第10位1point ナナローブ

    ナナローブ

    手の甲から指までべったり!手がスパンコールで光っています…。

使い心地1位のオールインワンゲルは?

実験の結果、1位は「モイスティック リッチジェル」でした。ゲルはぷるっとした濃厚なクリームのようなテクスチャでありながら、お肌につけるとスッと馴染み、しっとりしながらも肌表面はサラッとさっぱり。肌の表面にゲルが残り続けて、それがベタつきに変わってしまう商品が多いなか、ダントツの使い心地の良さを発揮してくれました。
ゲルを付けた感覚がいつまでも肌に残っている方が、潤うのでは?と思うかも知れませんが、この使い心地を比較する実験と保湿力の検証する実験結果をあわせて見てみると、必ずしもそうではないことが、わかると思います。

モイスティック リッチジェル

サッパリとした使い心地のうえに、ジェルの伸びと肌への馴染みが良いことが特徴のオールインワンゲル。

実験を終えてみての感想

どのオールインワンも、スパンコールは同じくらい残るのでは?と思いましたが、1位の「モイスティック リッチジェル」のスパンコールの残った量の少なさは群を抜いていました。もちろん全く残らなかった商品はありませんでしたが、付き方の違いがそれぞれ現れました。使い心地に関しては、個人の好みが反映してしまうので、ランキングを付けるのは難しいところ。しかし、オールインワンゲルの良さといえば、やはり時短コスメであるということ。ベタつきが少なければ、忙しい時でも手軽に気持ち良くスキンケアができますね。

総合優秀オールインワンゲルを見てみる