年齢肌に効果のある美白成分とオールインワンについて美容皮膚科医が解説!

美容皮膚科がすすめる美白成分の特徴を知り、自分の肌に合ったオールインワン化粧品を選びをしましょう。

オールインワンゲル研究所: エイジング世代の「きれい」を磨く美容情報サイト(ロゴ)

教えて先生!明日のキレイを作り出す、注目の「アンチエイジング」成分

美白成分の種類と配合されているオールインワンゲル

美白成分には、メラニンの生成を抑える働きを持つ成分や、できてしまったメラニンを還元してくれる成分などがあります。ここでは厚生労働省もその効果を認める美白成分と、オールイワンゲルにも採用されている美白成分について紹介しています。

美白成分 ビタミンC

どんな成分?

シミ・くすみは、紫外線を受けることで発生する活性酸素がメラニンの異常生成を引き起こすことで作られます。ビタミンCには、ターンオーバーを促進し、メラニン生成を遅延させる作用とメラニン色素を淡色化する作用があるため、シミ・くすみの予防だけでなく、できてしまったシミ・くすみを改善する働きをもっています。

ビタミンCは、空気にふれると壊れてしまうため、そのまま化粧品に使っても効果はありません。不安定なビタミンCを改良した、肌への吸収をよくしたものが「ビタミンC誘導体」です。また、ビタミンC誘導体は大きく分けて2種類あります。「水溶性ビタミンC誘導体」と「油溶性(脂溶性)ビタミンC誘導体」です。多くの化粧品がどちらも含んでいるのは、肌全体にビタミンCの持つ効果を届けるため“油に溶けやすいもの”と“水に溶けやすいもの”が必要だからです。

効果・効能は?

美白効果
抗酸化力
ターンオーバー促進

美白成分 アルブチン

どんな成分?

アルブチンは、厚生労働省が認めた安全・安定性の高い美白効果がある成分です。日焼けやシミの元となるメラニンは、チロシナーゼという酵素が酸化することで黒くなります。アルブチンには、チロシナーゼの生成をブロックする作用があるため、日焼けやシミを防いでくれるのです。

一緒にビタミンCを使うことで、アルブチンの効果は引き出されます。ビタミンCにも、シミを作るのを防ぐメラニンの生成を止める力があり、一緒に使うことでシミが濃くなるのを防ぎます。さらにビタミンCには、コラーゲン生成を促し、肌の再生サイクルを正して古い角質を剥がす働きもあるので、この2つの成分を同時に使うことで、より美白効果が高まります。

効果・効能は?

シミ・そばかすの抑制

美白成分 プラセンタエキス

どんな成分?

プラセンタにはアミノ酸やタンパク質、ペプチドなど数多くの有効成分が含まれており、「若返りの成分」とも言われる、非常に栄養価の高いエキスです。主にエイジングケアを目的に、サプリメントやドリンク、化粧品などに配合され、数多くの商品が世に出ています。

プラセンタにはメラニンの生成を抑制する美白効果があり、その効果は厚生労働省にも認められています。しかしアルブチンと同様に、できてしまったシミにはあまり効果は期待できません。 プラセンタによる最大の働きは、肌のターンオーバーを促進させ、古い角質を剥がし、肌細胞が活性化して肌にハリを出す、ということ。加えて、ターンオーバーが正常化されることで、シミの元になるメラニンが古い角質とともに肌の表面に押し上げられ、自然に消えやすくなります。加齢とともにターンオーバーが遅れ、肌に残ったメラニンが色素沈着し、シミが増える原因となります。プラセンタを利用して、肌のターンオーバーを促進させることで、メラニン色素が沈着しにくくなり、結果としてシミ対策にもつながるのです。

効果・効能は?

美肌・美白効果
シミ・シワ改善
エイジングケア

美白成分 カミツレ(カモミラエキス)

どんな成分?

カミツレはメラニン色素が作られてしまうのを、早い段階でストップして、シミを予防・改善して美白へと導いてくれる成分です。
またカミツレは、シミの予防・改善としてだけでなく、古くから抗炎症作用を持つ薬草として使われていました。カミツレにはカマアズレンという成分があり、その成分が湿疹や火傷の傷を癒してくれるのです。そのため、アレルギーや敏感肌の人にとって優しい成分だと言えます。

さらに、光老化への高い抑制があります。光老化とは紫外線を浴びることによって引き起こされるダメージのこと。光老化によるダメージは、しみ・シワ・たるみとなって肌に現れてしまいます。これをカミツレの力によって、防ぐことができるのです。

効果・効能は?

抗炎症作用
抗菌作用
抗糖化作用
光老化作用
美白作用

美白成分 紫根エキス

どんな成分?

紫根エキスとはムラサキ草という多年草の植物の根から抽出したエキスで、抗炎症作用や殺菌作用、傷の治癒促進の効果があり、やけどや皮膚病の治療薬として、古くから漢方として使用されていました。最近では、美白や保湿効果などの美容にも効果があることが科学的に解明さています。

昔からニキビの治療薬として使われていて、抗炎症作用で、できてしまったニキビの炎症を抑えてニキビ跡が残るのを防いでくれます。

また殺菌作用が肌をきれいに保ってくれるので、ニキビの原因であるアクネ菌の働きを抑えてニキビ自体をできにくくしてくれます。

その他の美肌効果としては、血行を促進して皮膚の新陳代謝を上げる作用が、肌の水分や油分のバランスを整え、ターンオーバーを正しくして、シミやくすみの改善に効果があります。

手作り化粧品の材料としても手に入れられますが、もともと薬として使われる効果が強い成分なので、分量を間違えると肌荒れの原因となり、かえって肌の状態を悪くしてしまうことがあります。安全性や信頼性が認められた市販の化粧品を選びましょう。

効果・効能は?

殺菌作用
ターンオーバー促進
美白効果

伊藤まゆ先生 プロフィール

伊藤まゆ先生

聖マリアンナ医科大学卒業。同大学病院、関連病院にて消化器・一般外科勤務。その後『メディアージュ銀座クリニック』勤務、『メディアージュ青山通りクリニック』院長を経て『M’sクリニック南麻布』を開院。消化器外科医と美容医療の経験をベースに、『体の内と外からの抗老化医療』をコンセプトにした診療を行っている。

取得資格等
日本外科学会認定 外科専門医 / 日本補完代替医療学会 学識医 / 米国セネジェニクス医学研究所 認定医 / 日本抗加齢医学会 専門医 / 日本臨床栄養協会認定 サプリメントアドバイザー / JAPAS認定 プロフェッショナルアロマテラピスト / 日本臨床抗老化医学会 認定医 / 日本臨床自然療法研究会 会長